W杯PK戦で日本敗退~「PKを外すことができるのは、PKを蹴る勇気を持った者だけだ」

http://news.livedoor.com/article/detail/4856957/

まさにPK戦の残酷さを見せつけられた。ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦、日本対パラグアイ戦が29日深夜行われ、PK戦の結果、3人目の駒野が外し日本は敗退した。


いやー! ワールドカップ熱かった! ワクワクした!

この熱い気持ちを綴ろうと思ったんですけど、先にワールドカップの記事を読みながらふと思ったことがあるのでそれについて書きます。

それはね、パラグアイという国、漢字だとどう書くんだろうってことなんですよね。

ほら、たとえば「アメリカ=亜米利加」「オランダ=和蘭陀」みたいなさ、そういう呼称がパラグアイにもあるのかなって。

んで調べてみたら、「パラグアイ=巴羅貝」って書くらしい。いやそれもはや完全に「グ」の部分がどっか行っちゃって「パラガイ」になってじゃん! って思ったんですけど、早口でパラグアイを連呼していたら自然に「パラグアイパラグアイパラグアイパラガイパラガイパラガイ……」みたいになってきたので、これはこれで間違ってないっぽい。というか、字面的にはかなりカッコイイ。「貝」はともかく「巴羅」の部分なんかもう、テイルズシリーズの技名に採用されてもおかしくないレベル。巴羅破斬! ほら、違和感ない。


あ、いや、そんなことが言いたいんじゃなくて。


せっかくなんで他の国の漢字表記を色々調べてみたんですよ。ワールドカップに出てる国の中で、普段あまり漢字表記を見ないっぽいのを。そしたらこんな結果に。


・ウルグアイ=宇柳具

また「貝」かよ! と思ったら貝じゃなくて「具(ぐ)」でした。ややこしい。てっきり貝(かい)だと思って「グアイ=貝」の法則見つけたり! とか小学生のごとく無邪気に喜んでしまいました。僕のつい今しがたのときめきを返してほしい。


・メキシコ=墨西哥

読めん! 特にケツにくっついてる漢字はぜんぜん見かけないなーと思ったら中国から輸入された表記なんだって。ほー。あと、一文字で略すと「墨」らしいです。え? 「墨」で「めき」とか読むの? ないわー。さらに読めないわー。たとえばニュースとかの見出しで「日墨間で~」とか書かれてたら、なんか新しい書道の流派の話かな? とか思っちゃうわー。まあでもあんまりこの書き方を見ないってことは、みんな同じことを思ってるのかもしれない。


・ガーナ=加納

人名じゃん。わりとそのへんを普通に歩いてる人の苗字じゃん。ていうか子どもの頃、実際に友だちにいたよ、加納くんって子。んで、僕と加納くんはチョコレートが好きだったので、ロッテのガーナミルクチョコレートをわりと頻繁に食べてました。加納くんは「美味しい美味しい」って言いながら食べてました。口の周りをガーナでべったべたにしながら笑顔で食べてました。あの頃は「ガーナ=加納」だなんてぜんぜん知らなかったんだけど、今なら言える。加納くん、それ共食いだよって。


とまぁそんなわけでワールドカップの話をするはずが加納くんの共食い話になってしまいましたけど、とにかく日本代表、感動をありがとう!