CHAGE & ASKAをご存知でしょうか。「YAH YAH YAH」「SAY YES」などヒット曲を多数持つ、言わずと知れた日本を代表する歌手ユニット。2009年に活動の無期限休止が発表されましたが、未だに多くのファンに愛されているCAHGE & ASKA。皆さんも「YAH YAH YAH」をBGMに一度は両拳を突き上げたことがあるのではないでしょうか?天に

a0007_002174
ガーンって

そんなCHAGE & ASKAのことを先日考えていてふと疑問が。

「CHAGE & ASKAってどっち側にCHAGEでどっち側にASKAだったかしら?」

お二方が歌ってる姿は思い浮かぶのですが、立ち位置がどうなっていたか意外と記憶がボンヤリ。こっちがCHAGE?いやASKA?あれ?どっちだっけ?

これはいけない。もし街でばったりCHAGE & ASKAに遭遇して、慌ててCHAGEさんに「やっぱりウッチャンに似てますね!」などと言ってしまっては目も当てられない(逆もまたしかり)。

ファンの方ならご存知かと思いますが、ライブやCDジャケットでの立ち位置は、基本的に向かって左がCHAGEさん、右がASKAさん。文字通りCHAGE & ASKAの通りの並びで覚えやすい。しかし雑誌のインタビューやオフショットなどで二人が写っている場合、まれに向かって左ASKA、右CHAGEの場合もある。これが罠である。

ということでちょっと調べておきたいと思います。画像検索などでお二方が映っている写真やジャケットを探して、左右のポジションを集計、そこから「どっち側にCHAGEでどっち側にASKAか確率」を求めてみたいと思います。


a0007_002174
セイッ!


調べた結果がこちら。

画像検索ページ数CHAGE & ASKA登場回数左CHAGE回数右CHAGE回数
116133
215141
31293
411101
5981
61091
7761
8431
9880
10440
11431
(すべて向かって)


結果は、100 CHAGE & ASKAに対して、

左CHAGE 87%
右CHAGE 13%

という結果に。

87%の確率で左側がCHAGE。これは確率としてはかなり高いんじゃないでしょうか。これで万が一暗がりなどでCHAGE & ASKAらしき二人組に出会った場合、「バンダナが確認できない」「グラサンをかけているかわからない」といった状況でも、87%の確率で左側がCHAGEということがわかります。決め打ちで「左CHAGE」に賭けてみる価値はあるんじゃないでしょうか?

結果をグラフにしておきますね。


グラフ1
01


グラフ2
02


グラフ3
03


これで一安心ですね。ちなみに集計中に気づいたことを3点ほど。

・CHAGE & ASKAの画像検索でジャッキーチェンが一枚出てきた。
・上下でレイアウトされたCHAGE & ASKAの場合があった。この場合は上CHAGE。
・CHAGE & ASKAのそっくりさんも、左CHAGE、右ASKAだった。

スエヒロ

スエヒロ

ライブドアで働いたり、ライブドアの社長ブログを代打で書いていたりします。
ライブドア社長ブログ http://blog.idezawa.info/


ワラパッパ最近の人気記事
怖そうで怖くない、少し怖いお化け屋敷をプロデュース!このエントリーを含むはてなブックマーク
テキスト系妄想メディア「ワラパッパ (WARAPAPPA)」 - ライブドアブログこのエントリーを含むはてなブックマーク
ドラクエの給料明細を考えるこのエントリーを含むはてなブックマーク
異性を確実に自分にハマらせる悪魔の恋愛術このエントリーを含むはてなブックマーク
高らかに歌おう、さあ。このエントリーを含むはてなブックマーク
「一杯のかけそば」で学ぶ細やか仕事術このエントリーを含むはてなブックマーク

twitter

ワラパッパ twitterアカウント

ワラパッパの情報満載。胸キュンつぶやきも満載です!
http://twitter.com/warapappa