空城の計と云えば、兵法三十六計の第三十二計にあたる戦法のことで、あえて自陣に敵を招き入れることで敵の警戒心等を誘う計略のことですね。三国志演義の諸葛亮や、正史での趙雲、日本では徳川家康が用いたことでも有名ですね。

さてこの空城の計。大抵は戦力的に劣る側、劣勢な側が用いる計略なので、逆に空城の計に引っかかった側からすると、騙された感とか腹立たしさがありますよね。せっかく優勢だったのに、的な。

ということ今日はでそんな「空城の計」に騙されない為の啓蒙ポスターを考えてみました。こちら。


base

お城などにお貼りください。



この記事を書いたのは…

スエヒロ

スエヒロ

ワラパッパの編集長をしております。ほんとお気軽にお声がけください。

▶スエヒロの記事一覧はコチラ
▶スエヒロのツイッター