マジック:ザ・ギャザリングといば、世界中でプレイされている「トレーディングカードゲーム」のひとつですね。そのマジックザギャザリングのカードに登場する「フレイバーテキスト」というものをご存知でしょうか。

フレイバーテキストとは「カードの文章欄に書かれている文言。ルール・テキストでない文。そのカードの雰囲気や世界観をあらわすために使われる。ゲームのプレイやルールには関係しない。(MTG Wiki)」というもので、例えば、「Lord of Atlantis / アトランティスの王」というカードには

「おれたちには足はない」戦士は吐き捨てるように言った。
「逃げるのをやめたからだ」
- ヴォーデイリアの民話 -


「通電式キー」というカードには

キーはどの鍵穴にも合わなかった。しかし無数のドアを開けた。
- 通電式キー -


というフレイバー・テキストがついています。なんともかっこいいですよね。

もしもマジックザギャザリングに、日本史をテーマにしたものがあったとしたらフレイバーテキストも結構カッコよくなりそうですよね。例えばこんな感じ。


刀狩り


信玄


信長


租庸調


土偶


検討し


目安箱


貝塚


五人組



みたいな。



この記事を書いたのは…

スエヒロ

スエヒロ

ワラパッパの編集長をしております。ほんとお気軽にお声がけください。

▶スエヒロの記事一覧はコチラ
▶スエヒロのツイッター