伊能忠敬と云えば江戸後期の測量家で、日本国中を測量してまわり、初めて実測による日本地図を完成させた人物です。忠敬が作成した地図は、それまで日本で作成されてきた地図と較べ、飛躍的に進歩した正確な地図と評されています。歴史の授業で習いましたよね。

さてそんな伊能忠敬。50歳を過ぎてから測量を本格的に始めるわけですが、測量には足掛け17年の年月を費やした忠敬。測量への熱量がパないですよね。17年て。

そんな偉業を成し遂げた伊能忠敬。当時のキッズ達には「測量」が憧れの職業になったのではないでしょうか。ということで今日は江戸時代に発売されていたであろう測量をモチーフにしたプラモデルを考えてみました。こちらです。


base


忠敬公認モデルですね。



この記事を書いたのは…

スエヒロ

スエヒロ

ワラパッパの編集長をしております。ほんとお気軽にお声がけください。

▶スエヒロの記事一覧はコチラ
▶スエヒロのツイッター