御成敗式目と云えば、鎌倉時代に3代執権北条泰時が定めた武士政権のための法令のことですね。 51ヵ条にわたる法令で、武士に関する法律が定まったのは、この御成敗式目が歴史上初です。学校の授業で習いましたよね。

さてそんな御成敗式目。51ヵ条って意外と多いですよね。当時の武士の方も内容を覚えるのに一苦労したのではないでしょうか。ということで今日は鎌倉時代に出版されていそうな「御成敗式目」のガイド本を考えてみました。こちらが表紙です。

base

武家社会への理解が深まる!



この記事を書いたのは…

スエヒロ

スエヒロ

ワラパッパの編集長をしております。ほんとお気軽にお声がけください。

▶スエヒロの記事一覧はコチラ
▶スエヒロのツイッター