東方見聞録と云えば、マルコ・ポーロがアジア諸国で見聞したものを記した旅行記ですね。「黄金の国ジパング」という言葉が有名で、この東方見聞録よって大航海時代の人々のアジアへの興味が大きくなったと言われています。世界史の授業で習いましたよね。

さてこの東方見聞録がジャンプコミックス風の単行本だったとしたらどんな雰囲気になったでしょうか。今日は裏表紙と著者近影のページを用意してみました。


裏表紙

裏表紙。

背表紙

著者近影。



この記事を書いたのは…

スエヒロ

スエヒロ

ワラパッパの編集長をしております。ほんとお気軽にお声がけください。

▶スエヒロの記事一覧はコチラ
▶スエヒロのツイッター