歌川国芳と云えば、江戸時代末期に活躍した浮世絵師のことですね。代表作の「相馬の古内裏」「みかけハこハゐが とんだいゝ人だ」など数々の斬新な作品を世に送り出した人物です。忠臣蔵や猫をモチーフにした絵も有名ですよね。

漫画・劇画の源流のひとつとも言われる歌川国芳の作品。もしも当時ジャンプがあったとしたら、国芳は人気作家として連載していたのではないでしょうか。ということで今日は「歌川国芳がジャンプで忠臣蔵を連載していた場合」のコミックス裏表紙を考えてみました。



base400


読みたい気がします。ちなみに右側の絵は堀部弥兵衛ですね。



この記事を書いたのは…

スエヒロ

スエヒロ

ワラパッパの編集長をしております。ほんとお気軽にお声がけください。

▶スエヒロの記事一覧はコチラ
▶スエヒロのツイッター